HOMEスタッフブログ田端広子の「Moss House通信」 >デザインアワード2017最優秀作品賞

デザインアワード2017最優秀作品賞

design-award2017

soukai

京都で開催された今年の無添加住宅代理店総会。
無添加住宅本部、全国の代理店各社、提携業者様が京都グランディアホテルに集いました。

会長になられて奄美大島でますます「むてんかびと」ぶりを謳歌されている秋田会長のあいさつで幕を切りました。
奄美で「生木」の強さ、台風が直撃する雨風の多い地での無添加住宅の真の強さを再認識されている話を熱く語られました。

mr.akita-mr.shiraishi

そして、海洋冒険家の白石康次郎氏の特別講演。
以前に雑誌「むてんかびと」でも紹介されていましたが、白石さんのお住まいは無添加住宅。
ヨットの修理もご自身でしないといけないので、家のメンテやDIYもお手の物だそうです。手を加えやすいのが無添加住宅のいいところだとおっしゃっていました。
そして、世界を巡っている冒険家だからこそ感じる日本の魅力として「四季」を挙げられました。
昨今、寒いも暑いも悪のように扱われがちですが、コンビニのビールの柄ですら、桜~花火~紅葉~雪、とシーズンごとに移ろう国。古くから、移ろう季節の中で育まれた芸術や文学があり、四季のおかげで「情緒」が育つ国。暑い寒いを含め、大切にしたいですよね。
そして、家族が待つ家があるからがんばれる、というとてもシンプルなメッセージ。夫婦円満、家族円満でないと子どもは健やかに育ちませんよ。無添加住宅に住むと、円満になりますよー。しかし、住むべき人に住んでもらってくださいね、とも。
深いメッセージです。
私たち、夫婦経営のモスハウス田端にとっては、そうですよね、やっぱりそうですよねーという共感しかありません。自分たちが幸せでないのに、人の幸せを願ったりお手伝いしたりできません。夫婦の形、家族の形は様々ですが、幸せな家族ではありたいですよね。幸せを育むお住まいをツクル仕事に誇りを感じます。

さて、代理店総会では、様々な表彰があります。
「資材購入金額」や「販売棟数」など
無添加住宅への貢献度をいろんな尺度で評価。
全国150社以上の代理店が切磋琢磨して無添加住宅に取り組んでいます。
売上や棟数では、私たちの会社は大きな企業さまの足元にも及びません。
しかし、われわれのような会社をも評価してくださるのが秋田会長が生み育てた「無添加住宅」
昨年度まで行われた設計コンペにかわり、今年度からは「無添加住宅デザインアワード」が創設されました。
2016年度に実際に建築、ご入居いただいたお住まいについて審査・評価されます。
もちろん、われわれもエントリーしました。
まずは、12の各賞の発表。
作品の特徴に合わせ様々な視点で選ばれています。受賞者の顔ぶれは、ほぼ設計コンペの上位入賞者とかぶっています。架空のコンペではなく、実践でもやってます!ということがよくわかります。
そして、私たちがいただいたのは「高純度無添加住宅賞」
これは、本当にお施主様のおかげですねー。
とことん無添加住宅の建材を信頼していただいてこその、提案、採用、そして実現。
嬉しいです!
どこよりも無添加住宅の専門店でありたい!というわれわれの思いを形にさせていただいて、そこをしっかり評価していただいて。

そして、12作品のうちの「最優秀作品賞」に弊社のY様邸が選ばれたのです。
感謝です。
感激です。
感動です。
こんな幸せなことが待ってるなんてー。
「ぶれずに歩みなさい。」
そういうことなのでしょう。
ただ、素直に。
ただ、実直に。
いいと思うものを。
住まう方が永く安心して住んでいただける家は、建てる私たちにとっても安心できる家。
あちこち補償に走らないといけなくなるような家を建てていては、自分たちの首が締まります。
そんなことにならずに済む、丈夫で安心して暮らせる家こそが、秋田会長の考えた無添加住宅なのです。
これまでも、これからも、モスハウス田端は高純度の無添加住宅専門店であり続けたいと思います。


難波社長はじめ、無添加住宅のみなさま
代理店会のみなさま
全国の代理店のみなさま
共にこのお住まいを作りあげた協力業者さま
そして、お施主様ご家族
モスハウス田端を応援していただいているすべての方に、心より感謝申し上げます。