HOMEスタッフブログ田端広子の「Moss House通信」 >地元のお米、買いました。

地元のお米、買いました。

farm-fork

先週の土曜、神戸市役所の南っかわにある東遊園地をのぞいてきました。
ルミナリエの準備も始まっていて、秋だと思ってたらもう冬なん?と季節に置いていかれた気分になってしまいました。
でも、土曜日はぽかぽかと小春日和でとっても気持ちのいい暖かい一日でした。
実は、ずいぶん前から土曜日にここで開催されていて、ずっと、ずーっと気になってた『Farmers Market』
ようやく来られたのでした。

kaya

芝生の広場には茅葺きの屋根がかけられたステージが設えられていて、北区にお住いのグループの方が農家の方が歌い継いできた民謡を披露されていました。
そう、テーマは【農】なのです。
神戸の街の真ん中で、西区や北区といった神戸市内なのに、しっかりと畑や田を営まれ、食材を生産されている方々にスポットを当てたイベント。
農家さんだけでなく、お豆腐屋さん、卵屋さん、カレー屋さん…食にまつわるお店の方も。

shop-car

野菜を販売されているお店。
軽トラに、テントをかけて、木箱をディスプレイ!
画一的になりすぎず、それぞれのお店らしさが出てるのですが、統一感があって素敵。
縛りすぎないデザインルールをきっちり作られてて、印象がとってもよいです。

土曜の三宮。
【農】や【食】に関心を持った人がここに集まるの?というミスマッチ感も、おしゃれな雰囲気とゆるい空気感でうまーくいってます。
とってもおしゃれなご夫婦や年配の方、若い方同志も。
なんでしょうね、本当にゆるくて心地いい空間でした。

rice

時間が許せば、もっとゆったりのんびりこの空間に身を置いていたかったのですが…仕事の途中、ちょっと強引に寄ったところもあり、足早に会場をあとにしました。
「合鴨農法の新米」をちゃっかり購入。
生産者さんは、神戸市西区の前開の方。
めっちゃ近くです!
さっそく炊いて食べてみましたが、間違いないっ!
つやつや~。梅干しだけで2杯はいけるっ!
切らしたらまた買いに行こうっと。
近くで作っている、余計なものが入っていない食材。
ひと昔前なら、当たり前に口に入っていたものに、めぐり合うのが難しくなっている今。
近所のスーパーには並んでいないけど、直に買いに行っちゃえばいいんですね。
余計なものを省くことが贅沢になってしまっているのもどうかと思うけれど…。
手に入れる術があるのだから、しっかりと選択したいと思います。