HOMEスタッフブログ田端広子の「Moss House通信」 >帰ってきました私の相棒

帰ってきました私の相棒

atray

年末。
本当に暮れも暮れ、12月30日のことでした。
信号待ちの停車中に、バコンッ!と真後ろから衝突されまして…。
モスハウスの大事な大事な社用車「アトレーワゴン」が傷ものに。
追突の瞬間、後ろからなのでいきなりでかなりな衝撃に感じました。
ぐっしゃぐしゃを覚悟で下りてみたら、そうでもない?
でも、ハッチバックのロックがかからなくなってしまって
バンパーのパーツも欠けていて
自走はできるものの、修理しないと走ったらあかんレベルでした。
当て逃げされたわけでなく、相手の車の方と一緒に警察を呼び
事故の処理をしていただきまして、保険での対応となりました。
ところが、時期が時期なだけに、修理は年明けに。
板金と塗装と、保険会社さんの手続き的なこともあり
ようやく昨日帰ってきました。
久々のアトレー、乗り心地が懐かしい。
ところがです!
色々あって…なんかモヤモヤ。
引き取りに行ったときに、車のパーツらしいものが車内に転がっていて
確認したら、牽引するときに外したバンパーのカバーらしく、戻し忘れってことでした。
まぁ、そんなこともあるかぁ。気づいてよかったと。
ところが、今日になって私が運転しようと思ったら、運転席のシートが動くっ?
シートカバーをめくってみたら、なにやら金具が外れたまんま。
どうやら、エンジンの点検をした後、起こしたシートのロックかけ忘れ。
後部座席のシートカバーも外しっぱなしやし…なんだかなぁ?
修理はちゃんとできてるんかなぁ?
これ、まだ途中やったりせぇへんのぉ?
余計なことまで心配になってきました。
普段からオイル交換してもらってるディーラーさんに出したのに
保険対応の修理だからなのか、扱いがどうもいい加減。
毎回、コーヒーにちょこっとしたお菓子がついて出てきたり
お客様対応的なことに力を入れている感じなんだけど…
そこじゃないやろっ!て思ってしまう。
車の方さえきちんとしてくれたら、コーヒーはよそで飲むから…。
もやもや…。
いやいや、これは自分を振り返るいい機会。
家は車どころじゃない。
お住まいを任せてもらう仕事をしている私たち。
ちょっとしたことで、見えない部分は大丈夫?と不安jにしないようにしなければ。
プラスアルファのサービスもいいけれど
本業、本質、中身をきっちりとして初めて足していけること。
新年早々、いい勉強をさせてもらいました。
もちろん、ブチ切れたりはしませんよ。
いい大人ですから。
でも、伝えておきました。
下請けさんの仕事のあと、こちらでも確認してくださいね、と。
無言で去って行かれるの、嫌でしょ?
私たちも、一番怖いのは、何も言わずに離れていかれることなんです。
ここがだめだよって言ってくれる方は、よくしようとしてくれる思いのある
大切なお客様なんです。
今年も、ご意見ご忠告、よろしくお願いします。