夏休み

onidake-umi

お盆休みを避け、8月19日~休暇を取らせていただきました。
子供たちにとっては夏休みの終盤。
わが家にとって、家族そろって過ごす貴重な時間を
長崎県の西に浮かぶ五島列島「福江島」で過ごしました。
福江島は、夫の両親の故郷です。
結婚して18年目。
初めてにして、念願の五島です。

山陽自動車道を車で長崎まで8時間。
長崎の大波止からカーフェリーで3時間強。
エメラルドグリーンの海に囲まれた
自然豊かな島です。

1st-day

3rd-day

4th-day

お天気のいい間にとりあえずは海!
香珠子海水浴場に高浜海水浴場
どっちも遥か沖までさらさらの砂浜が続く遠浅の海。
台風の影響で波が少し高めなのも、子どもにとっては格好のアトラクション。
プライベートビーチのような貸し切り状態を満喫しました。

terawaki

ご先祖さまにもご挨拶。
夫の祖父母、子どもたちにとっては曾祖父母が眠るお墓に手を合わせます。
田んぼ越しに七ツ岳を臨む村の風景は
夫が子どものころとほとんど変わっておらず
蜻蛉やカニの姿もたくさん見かけました。
ただ、川は改修され、随分と姿を変えてしまったそうです。

oosezaki-toudai

家族4人で日本最西端の大瀬崎灯台を目指しました。
海水浴場の穏やかな海とは違い
荒々しい断崖絶壁に聳える大瀬崎灯台。
大自然の景色と音と風を全身で感じながら足をすすめます。
アップダウンのきつい道のり、子どもたちを心配しましたが
脚力は、いつの間にか母を超えていた二人…。
上りで息子が手を差し伸べてくれました。
昨年秋に夫婦で会社を設立し、毎日が充実してはいるものの
子供たちにはいろいろと負担をかけてきていたのも事実です。
研修、講習、と二人揃って家をあける事もしばしば。
夏休みも、開始早々のOPEN HOUSE。
親が二人ともいない休日をたくさん過ごさせてきました。
なので、今回はちょっと無理をしてでも、ぎゅっと濃縮した家族の時間を持ちたい。
4泊5日。車中を含めると5泊。
4人揃って遊んで、4人揃って食べて、4人揃って寝て
あと何回こんな機会が持てるかな?
だんだんと成長して、いつの間にか親離れしていくであろう息子たち。
今を大切に、子どもたちの成長をその時期その時期にしっかり見ておきたい。

出発直前ぎりぎりまで仕事していて
もちろん帰ってきても仕事がいっぱいあって
実は、旅先でもたくさんの連絡をしたりいただいたり
お仕事に恵まれている状況に感謝しつつ
家族の時間を取らせていただけたことに、本当に感謝しています。
長期の休暇にご理解、ご協力いただきましたお客様、業者さま、関係各位
みなさまに心よりありがとうございます。

sunset