HOME施工事例 -works-現場中継【リノベーション】 >Moss House Office マンションリノベーション 神戸市西区

Moss House Office マンションリノベーション 神戸市西区

syunkou

wasitu

LDKの隣の二間続きの和室。
ここを、事務スペースにします。

doma-con

畳を上げると
土間のコンクリートがむき出しに。
階下が駐車場(ピロティー)なので
冷え方が半端ありません。
年末、早々に畳を処分したものの
なかなか手を付けられず…。
このままの状態が約1ヶ月続きました。

tankacolk

2015/01/21

思い切って、作業開始です。
コンクリートの土間床の上に
炭化コルクを敷きつめていきます。
柱型の形にカットして
ぴったり敷き込み完了。
この作業、小一時間。
どうしてもっと早くやらなかったんだろう。
炭化コルクだけで、ずいぶん冷え方が違います。
さすが、無添加住宅の断熱材。
ちなみに、厚さは30mmを使用しています。

floor

2015/02/22
長らく放置されておりました、事務所の和室。
社長が腰を上げ、夕方から少しですが作業を…。
丸鋸でカットした床材のさねを嵌めこんでいきます。
当て木をして、コンコンと。

floor02

少し、床になりました。
仕上がりまで、まだしばらくかかりそう…。
まとまった時間が取れるとよいのですが。
ありがたいことに、スケジュールはなかなかの詰まり具合。
次の作業日はいつになることやら。

genkan

2015/03/14

玄関の汚れたクッションフロア。
ボロ隠しにマットを敷いてしのいでいましたが
無添加住宅から発売された新商品『クールーフ パネル』
にもってこいの場所だと思いつき、さっそく注文。
並べていくだけの、簡単施工。

↓

cooroof panel

物入れの扉が引っ掛かるため、全面に敷設とはいきませんでしたが

元々敷いてたココマットを再利用して、いい感じになりました。

天然石なので、どれひとつ同じ色、同じ柄はありません。

そこがまたクールーフの魅力。

お手軽に取り入れていただけますので

プチリフォームをお考えの方、ご検討くださいね。

ちなみに、Moss House の事務所に施工したパネルは

クールーフブラウン150角×4枚の300角サイズ。

お色違い、デザイン違いもございます。

お問い合わせください。

 

flooring

2015/09/10

重い腰を上げて…?
シルバーウィーク完成を目指して事務所工事始めました。

打合せスペースの床。
これまで、突板にウレタン塗装がしてあるテカテカフローリングでした。
無添加住宅らしさあふれる「インドネシア松」を敷き直しました。
無垢床の肌触り、経年変化を体感していただけます。
床のお手入れも事務所で実践していただけるようになります。

old^-kitchen

古いシステムキッチンも、思い切って入れ替えることにしました。
壁に向かって設置されていますが
この際、向きも変えてしまいます!

↓

new-kitchen

天井裏はあるものの、マンションなので床下がありません。
給排水の移設、経路をよくよく検討して
対面キッチンのスタイルに変更。
背面には無垢の床板「バーチ」を張りました。
床面の「インドネシア松」との比較もしていただけます。
石天板の加工には少々時間がかかるので、どうやらぎりぎりになりそうです。

stone

2015/09/17

壁の漆喰補修もでき、今日はコンロ横の仕上げです。
タイルではなく、石張りにしてみました。
「コーラルストーン フラット」
無添加住宅らしい建材です。
消臭効果の高さが特徴のひとつですが
油の分解も期待できるのでは…?
と、期待を込めて。

stone-top

2015/09/19

石天板が搬入されましたー。
一枚もの。
ジョイントがなくてとてもきれいなのですが
重量はなんと、195㎏!!
簡単には運べません。
力持ちの職人さんがいらっしゃる時でないと…。

syunkou

2015/09/19

無添加住宅オリジナルキッチンができました!
背面の【バーチ】思った以上に感じのよい仕上がりです。
床の【イン松】にも、さっそくオイルを塗りまして
すでにいい色になってます。
米ぬかが主成分の【きぬか】を使用しました。
赤ちゃんがなめても安心と謳っているだけあって
変な匂いもべたつきもありません。
オイルがけしたあとには、手もすべすべに。

築29年のマンションの一室が、見違えましたー。
みなさまのお越し、お待ちしております!
2016/09/26

事務所の打合せスペースではない方。
自分たちで畳を引っぺがしてコルクとパイン材を敷き詰めた部屋。
かなり西日が射すこともあって、すでにいい飴色になってきてました。
が…。
このたび、ここに事務机と資料を収納するための棚をどどんと設置することにしまして
その家具の色を、白だ!黒だ!と悩みに悩み…
ブラウンブラックという、かなり濃い目の黒系に決まりました。
というわけで、ここは少し男前空間にしようかと。

濃い目の色に床を塗装。

tosou2

ガンガン塗装。

bengara

材料は「ベンガラ(茶)」「焼酎」「柿渋」
溶剤に焼酎を使うという…無添加住宅ではポピュラーな手法。
柿渋で薄めることで、ステインっぽい仕上がりになります。
拭きとらずに刷毛塗りすると、マットになるのですが、今回は半乾きの状態で拭き上げ木目を生かしています。
二人で塗るとあっという間!?
30分足らずで完了です。