HOME施工事例 -works-現場中継【新築】 >無添加住宅 ease Case001 -N邸‐ 神戸市須磨区

無添加住宅 ease Case001 -N邸‐ 神戸市須磨区

Start

着工

2015/09/17

chigyou

9月に入り、台風がやってきたり雨が続いたり
お天気に少し翻弄されましたが
N-House着工しました!

へこんでいるところが地中梁となります。
はい、こちらの基礎も【逆ベタ】で施工させていただきます!
木造平屋、片流れ屋根のシンプルな建物。
工期も通常より短めですので
うっかりしていると完成してしまいます。
工事の様子、見逃さないように中継していきたいと思います。
Base

基礎工事

2015/09/21

basement

基礎の配筋が施され
型枠が組まれました。
基礎工事だけでも、たくさんの工程があります。
今日は設備業者さんとの現場打合せ。
先行配管の最終確認。
平面的な配置だけでなく、高さも大事。
実際には見えない設計GL。
基準のポイントを間違えると大変。
特に今回は周辺敷地が広いのと
動かないものが近くになく
BM(ベンチマーク)がちょっと遠いので…。

秋晴れの行楽日和。
紫外線をものともせず
現場作業をしていただく職人さん方には心から感謝です。
2015/09/29

gyakubeta

配筋・型枠・アンカーボルト
全てを設置、確認した上で
コンクリートが流されました。
はい、今回も【逆ベタ基礎】です!
しばらく養生期間を置いて、型枠を外します。
Top out

上棟

2015/10/09

gohei

晴天に恵まれ、無事に棟が上がりました。
御幣をあげて、今後の工事の安全と
みなさまの繁栄を祈念しました。

rekka-

木造在来工法の棟上げは
柱を1本ずつ立て、梁を渡し
組み上げていく。
大工さんがチームとなって
一気に仕事を進めます。
何回見ても、気持ちが引き締まります。

kakishibu

kakishibu nuri

上棟の前日に土台を敷くのですが
その時に、地味にこんな作業をしています。
柿渋にティンボアを混ぜて、ローラーでしっかり塗布。
据えると塗れなくなってしまうので
土台の裏側は特に念入りに。
安全で、安心な、防蟻剤なんです。
Waterproof

防水

2015/10/20

waterproof

今日は防水紙の施工。
窓サッシを取り付ける際に、必ず【水切り】という部材を取りつけます。
これ、見えない部分なんですがとても重要です。
地味ながら、無添加住宅の大きな大きな特徴でもあります。
雨水が入ってきやすい場所をどうしても入らないようにするのではなく、万が一入ってきたときに、すっと出してやる。
逆転の発想で開発されたシステム。
秋田社長らしい発想です。
その水切りがきちんと施工されているか確認しながら透湿防水シートを張っていきます。
写真の右端、防水紙がまだ張られていない部分は【バラ板】合板ではなく、杉の板です。
呼吸する素材かどうか。壁の中だからこそ、吟味します。
Floor

床張り

2015/10/27

floor

内部では、大工工事が進行しています。
広々した空間に、長尺のパイン材の床がよく合います。
張り終えると、すぐに傷がつかないように養生してしまいますので、しばし見納め。

wall

天井や壁の下地も着々と。
写真に映っているのは、仮の材料置き場。
床張りの邪魔にならないように
大工さんが現場でぱぱっとちゃちゃっと作られたもの。
作業の効率が上がりますねー。
Mortar plaster

モルタルしっくい

2015/10/29

moltar

炭化コルクで覆われた外壁に
今日からしっくいの下塗りが始まりました。
真っ黒だった外壁が、淡いグレーになっていきます。
下塗りに用いるのは、【モルタルしっくい】と呼ばれる
その名の通り、モルタルとしっくを混ぜたもの。
無添加住宅の炭化コルクとしっくいをつなぐ大切な存在です。
外壁のひび割れを防止するよう、工夫された配合で練られます。

moltar-plaster

安全に組まれた足場。
今回、こちらの面は境界まで余裕があるので
足場板の幅がゆったりめ。
施工しやすそうで、見ていて安心感があります。
とは言え、大変な重労働。
どうか安全にお願いします。
Outer wall plastering

外部しっくい

2015/11/04

sikkui

ででーんと積み上げられたしっくいの山。
1袋20キロ。
しっくい運びは、筋力トレーニングにもなります。
つかまってくれないので、20キロの子どもより遥かに重いです…。
子どもの抱っこが必要なくなって久しく…
ようやく二の腕が人並みの太さに戻ったかと思いきや
しっくい運びでまたまた筋力UPです。

柿しぶ入りしっくい

そして、今日から外壁の仕上塗りがはじまりました。
まっしろなはずのしっくいが…?
そうなんです。
大丈夫なんです。
これには、秘密が!?
外壁を塗るしっくいには、【柿渋】を混ぜるのです。
塗ってすぐの外壁は、ほんのりピンク。
淡いこの色目がお気に入りという方もいらっしゃいますが
数日でこの色は抜けていきます。
しっくいが結晶化、硬化していくにつれ
まっしろな輝きを放つ無添加住宅らしい外観になります。
ここまできたら、足場が取れるのも秒読みです。
Tile

タイル工事

2015/11/27

pasa

こちら、トイレと手洗い空間の土間。
逆ベタ基礎のスラブの上に、【パサ】敷いてます。
砂とセメントを混ぜてたいらに。
半日も置くと、しっかりと硬くなっています。
仕上げにタイルを敷くのですが
このままでも、雰囲気合っていいかも?
たたきの玄関土間、やってみたいなぁ~
現場でヒントをもらうことも、しばしばです。
House cleaning

ハウスクリーニング

2015/12/09

pine-floor

【ハウスクリーニング】…「洗い」と言われる工程が済み
現場から住空間へと一気に様変わりしました。
12月に入って冷え込む日が多いのですが
室内に入るとじんわりと温かいんです。
パイン材の床下がすぐに基礎スラブの
逆ベタ基礎効果もありそうです。
そして、何より南に面した窓からの日射の影響。
窓外の樹形が床に映ってきれいな模様を描いています。
風で揺れる影が、なんとも心地よく
用が済んだ現場にぼーっとしていたくなってしまいます。
さぁ、お引渡しまでのラストスパート。
仕上の工程に入ります。