現場の前で

今日、朝霧台の無添加住宅の現場へ行って
廃材の整理をしていた時のお話しです。

道路沿いにバッカンって呼んでる廃材用のコンテナを置いているんですが
道ゆく人から丸見えなんですね。
入れ方が悪いとすぐに溢れてしまうので、なるべく平たく入れたい。
うちの社長、これに関してはきっとどこの会社さんよりも厳しい。
なので、私もゴソゴソと…行ったついでに。

そしたらお散歩中の方に声を掛けられまして。

「だいぶできてきたなぁ」

ずっと見て下さっているようです。

「ありがとうございます。工事中はご迷惑おかけしてすみません。」

そう言うと、いろいろとご質問やご意見をいただきました。

 今どき珍しいね。
 屋根も珍しいね。石やって?
 柱も張り合わせちゃうかったね。
 基礎もなんやおもしろいことしとったな。
 中もなんや本物使って体にええらしいやん。
 大工さんそない言うとったわ。

あ、ありがとうございます!!
そうなんです!
住む人の体に優しい家なんです。
それで、こういう材料で作ると長持ちもするんですよ。

小雨が降っているというのに、現場見学会ばりのご案内をしてしまいました。

いやぁ、嬉しかったです。
ご近所の方も気にして見守ってくれていることが。
大工さんがちゃんと説明してくれていることが。

現場を大事にしないといけないなぁ。
改めて感じたできごとでした。