HOMEスタッフブログ田端広子の「Moss House通信」 >「ボクらはみんな生きていく!」

「ボクらはみんな生きていく!」

ボクらはみんな生きていく!

ご紹介が遅れてしまいましたが
漫画家「あきやまひでき」さんの新連載がはじまりましたよ。

7月22日に発売された小学館のビッグコミックスペリオール。
タイトルは「ボクらはみんな生きていく!」

可愛らしい風貌の青年が、I(アイ)ターンした里で
たくましく生きていく物語。
7月22日掲載のプロローグで、すでにウナギやイノシシと格闘していますが
その描写がいちいちリアル(笑)
なぜなら、ほぼあきやまさんの実生活がネタ。

無添加住宅ファンの方には、どこかで見たことがあるような
絵のタッチだったり内容だったり?
そうなんです!あきやまさんは「秋田憲司の波乱万丈生活ー無添加住宅誕生物語ー」
を書き上げてくださった漫画家さん。

秋田憲司の波乱万丈生活 無添加住宅誕生秘話

「秋田憲司の波乱万丈生活」にも、きのこ狩りや狩猟の話がたくさん登場します。
もともと、秋田さんは生物や鉱物が大好き。
中でも、生物「毒」についての興味と知識がのちの建築=無添加住宅の誕生につながっていくのです。
こちらも読み応えのある一冊ですが、非売品。
ご興味のある方はご連絡くださいね。
モスハウス田端の施工エリアで無添加住宅の建築やリフォームをご検討の方には無料で差し上げます。

かびんのつま1

あ、話が反れてしまいました。
今でも狩猟やきのこ狩り、山菜採りが趣味というかライフワークの秋田さんとあきやまさん。
これは、たまたまではないのです。
そもそも、このお二人の出会いはあきやまさんの奥さまの実体験をもとにした漫画「かびんのつま」がきっかけ。
化学物質過敏症で苦しむ奥さまとのお話しですが、食生活にも大変なご苦労があったようです。
農薬まみれの市販の野菜はもちろん、スーパーで買った魚やお肉が食べられない。
オーガニックなものばかり買って食べていくわけにもいかない。
野菜は無農薬で自分たちでつくれても…と悩んでいるあきやまさんに秋田さんがいろいろと自然の食材調達を伝授していったのです。

海の潜ればコレが獲れる。
山に入ればコレが採れる。
そのうち、二人揃って狩猟免許を取りにいってしまったり。
間近でお二人のやり取りを見聞きしていた私は、「ボクらはみんな生きていく!」の立会人のような気分です。

with akiyamasan

これからの連載、めちゃくちゃ楽しみです。

取って食べるだけでなく、今後無添加住宅の建材が絡んだ話もでてきそうですよ。
秋田さん仕込みの食生活には、「発酵」が切っても切れないですからね。

連載が続けば、コミック化も!?
そうなることを願って、応援していきたいと思います!

ビッグコミックスペリオールはコンビニや書店の他、ネット通販でも購入が可能なようです。
ぜひぜひみなさん、手に入れて読んでみてくださいね。