HOME見学会・イベント情報 >99.9%ウイルスを不活化する壁

99.9%ウイルスを不活化する壁

新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにご自宅で過ごされている方も多いと思います。

外出時の飛沫感染を防ぐため、罹患しているかもしれない自分から他人への感染を防ぐため、もはやマスクは必要不可欠な存在。

帰宅してすぐの手洗いとうがいもすっかり習慣として定着しました。

目に見えないものだけに、ウイルスは厄介です。

さて、今回ご紹介させていただくのはかつて鳥インフルエンザが蔓延した時期に発表された

インフルエンザウイルスの感染力を99.9%低減する「無添加住宅オリジナルしっくい」 の記事です。

NPO法人バイオメディカルサイエンス研究会 習志野実験室にて行われた実験では 無添加住宅オリジナルしっくいにウイルスを付着させて、検査開始15分後で99.999%の感染価となったのです。

今問題となっている新型コロナウイルスも、インフルエンザ同様の脂質の膜をもったエンベロープウイルスであることがわかっています。

感染力の違いから結果の違いはあると思いますが、類似の効果はあると推察できます。

新型コロナウイルスは、物の表面についたあと24~72時間ぐらい感染する力を持つそうです。

しっくいの壁だと、それが驚くほど短時間で不活化される!?

ヒト型コロナウイルスでの実証結果が出た際には改めてお知らせしたいと思います。

インフルエンザウイルスの感染力を99.9%低減する「無添加住宅オリジナルしっくい」

印刷した記事をご希望の方はお送りしますのでご連絡くださいね。

インフル ウイルス不活化 しっくい