HOME > ウイルスを5分間で100%死滅させる「無添加住宅オリジナルしっくい」

ウイルスを5分間で100%死滅させる「無添加住宅オリジナルしっくい」

ウイルスとしっくい

このたび、ウイルスを「無添加住宅オリジナルしっくい」に付着させる試験を行い、「5分間でウイルスを100%不活化(死滅)する」ということが、バイオメディカルサイエンス研究会の試験結果で明らかになりました。

※今回の試験に使用したのはヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)です。
 また、今回の試験は「テストピース」を用いたもので、建物の性能を示すものではありません。

ウイルスの不活化試験結果

ウイルス不活化試験結果

今回は、消石灰が主成分の無添加住宅オリジナルしっくいにヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)を付着させて試験を行いました。
ウイルスはオリジナルしっくいに付着させてから5分後には、完全に死滅するという結果になりました。
(今回の試験は、新型コロナウイルスと遺伝子情報が90%合致している「ヒト・コロナウイルス」を用いての試験結果です。)

ウイルス不活化試験イメージ

また、米国立アレルギー感染症研究所の見解では、新型コロナウイルスがプラスティックやステンレスに付着した場合、生存期間は3日以上と言われています。その見解を踏まえても、オリジナルしっくいが有益な性能を持つことがわかりました。

「オリジナルしっくい」がウイルスを不活化するメカニズム

ウイルスと湿気の関係

空気が乾燥すると人間の喉の粘膜の防御機能が低下し、様々なウイルスにかかりやすくなると言われています。なので、室内空間を適度な湿度に保つことでウイルスの侵入を未然に防いでくれるのです。また、湿度が高いと大気中に水滴が多くなるので、その水滴がウイルスの粒子にくっついて、空気中から下に落ち、ウイルスが遠くまで飛ぶことができません。
無添加住宅オリジナルしっくい壁は、空気が乾燥したときでも湿度を放出し、空間を適度な湿度に調節してくれます。結論、室内を適切な湿度に保つことがウイルスの予防にもなるのです。

抗ウイルス空間をつくるその他の天然素材

抗ウイルスの作用を持つ真鍮金具

実は銅にも不活化効果があることが確認されています。そのため、銅と亜鉛の銅合金である「真鍮」にも抗ウイルス作用があります。北里大学では、ステンレスと青銅、黄銅(真鍮)のドアノブを比較した実験を行い、銅が配合された青銅、黄銅(真鍮)の抗ウイルス効果を実証しています。

出典:一般社団法人 日本銅センターHPより

柿渋のタンニンパワー

柿渋に含まれるタンニンがウイルスの表面のたんぱく質と結合して、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどの幅広い種類のウイルスを不活化することが、広島大学の研究によって明らかになっています。無添加住宅では塗料として柿渋を使用しています。

出典:広島大学「柿渋の強力な抗ウイルス作用を証明」プレスリリースより