works

神戸市灘区 マンションリノベーション工事レポート

STORY

中古マンションをご購入され、内装を無添加住宅リフォームで快適にされてからご入居されたいとのご相談でした。
水廻りの一部はすでに前オーナーさんがリフォーム済みでとてもきれいなところも。
当然ですが、元々の仕上げはビニールクロスや新建材の防音フローリング。
今回は、長い時間を過ごすLDKと洋室の一部屋を無垢フローリングとしっくい塗りの無添加住宅仕様とします。
和室をなくしてキッチンの向きを変え、広々LDKに間取りもチェンジ。
バス・洗面・キッチンの設備を新しいものに交換します。
マンションの場合、様々な取り決めがあるので、管理組合に事前相談と工事予定を提出するところからスタートしました。

GALLERY

  • 2021.3.30

    まずは解体から。
    キッチン・和室・LDと仕切られていた壁を取っ払って、ひとつの大きな空間に。

    鉄筋コンクリート造のマンションは、木造と違って内側の壁は耐力壁ではないので柱や梁の位置を心配せずになくしてしまえます。
    ただ、配線が絡む部分だけは要注意です。
  • 2021.3.31

    電気とガスの専門業者さんが入って、新たな位置に配管や配線、換気ダクトを回していきます。

    マンションは戸建て住宅以上に高さに制約があるので、開けてびっくりな施工がしてあることも。
    臨機応変に、壁をふかしたり床を嵩上げしたり。
    動線に影響がないように、視覚的にうっとうしくならないように、どこにどう取りまわしていくか、チームの腕の見せ所です。
  • 2021.4.5

    解体した和室の押入れの下が、コンクリートスラブの雑な仕上がりのままでした。
    このままでは床材を張れません。
    左官さんを呼んで、畳の下のスラブと高さを合せてモルタルを塗ってもらいました。
    さらに微妙な段差を、大工さんが合わせていってくれています。
    左端に写っているのは住設メーカーの下見の方。
    並行して作業を進めていくので、このタイミングの現場は、少しわちゃわちゃしています。
  • 2021.4.5

    リビングの床張り。
    マンションの規定で防音フロアをはがすわけにはいきません。
    和室の畳をのけたところにも、同種の防音フロアを捨て張りして高さを合せます。
    新しい防音フロアからは新建材特有の揮発成分が出るので、アルミシートを全面に敷き詰めました。
    その上からロシアンパインを重ね張りしていきます。