works

加古川市 H様邸施工レポート

GALLERY

  • 2020-10-9 雨

    工事に先立ち、【地鎮祭】(じちんさい)を執り行いました。

    雨の日にはテントの存在がありがたく感じます。

    少し風もありましたが、無事に土地の神様にご挨拶し工事の安全を祈願することができました。
  • 2020-10-13 晴

    基礎工事の【根切り】(ねきり)という工程です。

    コンクリートの基礎には土の中の部分があるので、まずは必要な深さまで土を掘り下げます。
    できるだけ元の土を崩さないように、慎重に。

    モスハウス田端の基礎は【逆べた基礎】なので、基礎梁(きそばり)が通るラインだけを掘っていきます。
  • 2020-10-28 晴

    【社内検査】「アンカーボルトのチェック」

    基礎のコンクリートを流す前の状態です。
    コンクリートの中には、網目状に見えている【鉄筋】が等間隔に配置されます。
    その途中にぴょこぴょこと生えている棒みたいなのが【アンカーボルト】
    基礎の上に敷く【土台】を留めるための金物でとても大事なものなのです。
    必要な位置を検討して配置しているので、きちんと図面通りに設置されているかどうか、一本ずつ確認します。
  • 2020-11-12 快晴

    雲ひとつない【上棟】日和。

    この日は大工仲間の応援を呼んで、大勢で一気に建てていくのです。
    柱・梁(はり)・火打ち(ひうち)と構造材が手際よく組み上がっていきます。
  • 夕方までに屋根の下地【野地】(のじ)まで張り終わりました。

    木造軸組み工法でも、集成材や合板を使う建て方も多くなっていますが、モスハウス田端では接着剤で固めた木材は使いません。
    数十年で劣化が懸念されるものを壁の中に使うのが怖いのです。

    柱も土台も梁も、全て無垢の木を使います。
    野地板にも合板ではなく杉の板を使います。

    高温乾燥材も、怖くて使えません。
    針葉樹が本来持つ強さをダメにしてしまうから。
    グリーン材とよばれる未乾燥材の方が、丈夫さが長続きするのですがね…。
  • 2020-11-19 快晴

    11月なのに夏日?
    半袖でOKなほどの陽気の今日は、【石屋根】施工の様子をパチリ。
    無添加住宅の屋根は、玄昌石という種類の天然の石材です。切り出した石を薄くスライスしただけの、天然素材100%!
    耐久性ではどの屋根材にも負けません。
    その上、独自の引掛け工法【クールーフ工法】によって、夏でも屋根裏が熱くなりにくい涼しい屋根なのです。
    「クールcool」と「ルーフroof」でクールーフ、そのまんまのネーミングです。
  • 屋根の下では、同時進行で【防蟻処理。】
    無添加住宅の防蟻には、人にも安心な「ホウ酸」を使います。(ボロンdeガード)
    シロアリ対策に有害な薬剤を使って、住まう人が体調を崩しては元も子もありません。
    ホウ酸は、揮発しないので空気を汚す心配がないのです。
    その効果も半永久的なので、再施工の必要もありません。(よくある一般的な薬剤は5年ごとの施工が必要)
    構造材や、床下地に使う材木の一本一本、一枚一枚に丁寧にホウ酸水溶液を噴霧してもらいます。
  • 2020-11-20 晴

    ブルーシートで雨養生された現場。
    桧の柱が立ち並ぶ中に、アルミがふたつ。
    二階へ上がるための梯子と
    もうひとつは、アルミ製の【制震ブレース】
    「ブレースリー」です。
    カンフーの達人、ブルース・リーと関係あるとかないとか…?
    共通点は、「強い」ということでしょうか。

    揺れに耐えて、繰り返しの地震に対しても有効なので安心ですね。
    こちらの住宅では縦方向に2本、横方向に2本、合計4本のブレースリーを採用しています。