HOMEよくある質問フローリングについて >無垢材のフローリングのメンテナンスはどの程度必要なのでしょうか?

無垢材のフローリングのメンテナンスはどの程度必要なのでしょうか?

フローリングは、施工後に無添加ワックスを塗布していただくことを推奨していますが、浸透性のものを使用しているので、住まい始めてすぐに表面が磨耗します。
剥がれていくことはありませんが、撥水性や汚れ防止を永久に保つためには、ご使用される方のメンテナンスが必要になります。
表面がガサついてきたり撥水しなくなると無添加ワックスを上塗りする必要がありますが、あまり頻繁に塗りすぎるとベトつく場合がありますのでご注意下さい。

このある程度メンテをしないといけない、また伸びたり縮んだりするというのが、従来のハウスメーカーやマンションなどに施工されている材料と決定的に違うところです。
しかしこの点こそが、年月が経ったときに差が出てくる大きな点であると自負しております。
従来のプリント合板や樹脂で固めたれた材料は、新築時から年月が経つにしたがって紫外線などによりどんどんと劣化していきます。
「風合いがでる」ということなく、劣化していくのです。これに対し、ムク材の良さはどんどんと風合いが出てきます。

同じ年数を経ても雰囲気が出てくるお家と、ぼろぼろになるのを避けられないお家とを考えたとき、我々は次世代に自慢できるような雰囲気が出ているようにしたいと願っています。

マメに床拭きが出来るご家庭でしたら、水ぶきだけでも問題はありません、そのかわり水ぶきだけの場合、当然汚れやすいので注意が必要です。古いお寺などを連想していただくとご理解いただけると思うのですが、縁台などは黒光りすると思います。小坊主さんらが毎日雑巾がけをしているからです。
最終的に使用し続けて磨いていくと表面も光沢が出るように変化していきます。