HOMEよくある質問漆喰について >漆喰に色はつけられますか?

漆喰に色はつけられますか?

無添加住宅の施工事例集などを見ていただくとカラフルな建物がありますが、これはしっくいにベンガラという色粉を混ぜ て塗ったものです。 ベンガラは酸化第二鉄からできていて、銅や鉄などの金属を精製する途中でできるものです。 昔からベンガラは神社の鳥居やお寺の柱などに塗られてきました。しっくいにそれを混ぜることによって、カラフルな表情を作ることができます。ベンガラの色、量を調整することで様々な表情を作ることができます。 しかし、濃い色にすると、まず同じ色を再現する事は不可能です。 そして、何年か後の補修の際に色を合わせられないというデメリットがあります。漆喰はそのときの温度や混ぜ方によって同じ配合でも出来上がりは違ってしまいますし、漆喰の上に塗ると、同じ漆喰でも質感が違ってしまうためです。 ですので、濃い色を選択された場合は、次のことを覚悟しなければなりません。 色むらが出る。(はじめはなくても後で出てきます) 補修をするとその場所がすぐにわかる。 標準のものより、少しコストアップになります。 雨があたる部分などは、濡れると濃い色になる。

実際に弊社で施工させていただいた事例をご覧ください。

「色漆喰」